飲食人大学学費

※本記事には広告が含まれている場合があります。

転職

飲食人大学の学費は約100万円!払う価値があるのか徹底解説

この記事では、飲食人大学の学費について解説します。

結論から言うと、授業料と教材費などを含めると約3か月の期間で約100万円かかります。

決して安くはない金額ですが、実際にそこまで支払ってまで飲食人大学で学ぶ価値があるのか、実際に飲食人大学で学んで主人の会社に入った方の体験談をもとに、解説していきます。

この記事を読めば、しっかり理解した上で入学できるようになりますので、よかったら続きもチェックしてみてくださいね。

将来の夢がはっきりしている人は

飲食人大学から
資料をダウンロードしてみる

3か月で基礎から実践まで身につけられる

飲食人大学の学費を解説します

飲食人大学には大きく3つのコースがあります。

飲食人大学は、約3か月で習得するコースとなっていて、授業料に材料費や白衣などの費用がかかってきます。

寿司マイスターコース(昼間コース)

項目料金(税込)
入学金0円
授業料968,000円
教材費や材料費など60,101円
合計1,028,101円

寿司マイスターコースは、東京校、大阪校、福岡校、淡路島校で開講しています。

寿司マイスターコース(夜間コース)

項目料金(税込)
入学金0円
授業料770,000円
教材費や材料費など60,101円
合計830,101円

夜間コースは和食調理実務経験2年以上、又は和食以外の調理実務経験3年以上の方を対象とした2ヶ月コースとなります。

中華マイスターコース

項目料金(税込)
入学金0円
授業料968,000円
教材費や材料費など60,101円
合計1,028,101円

中華マイスターコースは、大阪のみの開講となっています。

飲食人大学の学費は高い?他の調理師学校との学費を比較

学校合計入学金・授業料教材費など
飲食人大学(寿司マイスター専科)
昼3ヶ月
1,028,101円968,000円60,101円
辻調理師専門学校 東京(調理師本科)
昼1年
2,170,000円1,440,000円730,000円
服部栄養専門学校(調理師本科)
昼1年
2,285,000円980,000円1,305,000円

飲食人大学のだけの学費を見てしまうと、高いと感じてしまいます。

実際、他の大手調理師学校と比較しても、決して安くはありません。

料理人大学の場合は、寿司、中華料理と特化した料理を3か月でギュッと凝縮して学びます。

料理人大学は、キャンパスライフを楽しみながら料理を学びたいという方より、就職してすぐに必要になるスキルを短期間で学びたいという方にとって、利用価値はかなり高いです。

ちなみに、大手調理師学校では、研修旅行などもあるのでその時は、別に費用がかかってくるシステムとなっています。

料理人大学では、実店舗での課外事業や実際に河岸(市場)に行く研修も全て授業料に含まれています!

すがの
すがの

とはいっても、せっかくお金を出して学ぶなら、納得して入学して結果を出したいですよね。

次にどんな人が飲食大学に行った方がいいのか、卒業生の経験をもとにお伝えします。

行く価値ある?飲食人大学をおすすめする人、おすすめしない人

まずは、飲食人大学をおすすめしない人についてお伝えします。

飲食人大学をおすすめしない人

  • 寿司、中華以外にも色んな料理に興味がある
  • 調理師免許を無試験で取りたい

飲食人大学は、「寿司」「中華」に特化した学校です。

そのため、色んなジャンルの料理にも興味があって幅広く学びたいという方には、あまりおすすめできません。

また、辻調理師学校や服部栄養専門学校のように、卒業と同時時調理師免許を取れるというシステムがないため、調理師免許を取りたい場合は、別に試験を受ける必要があります。

ただ、調理師免許がなくても、国内外の就職だけなく、ご自身のお店を持つ場合でも資格を持っていなくても大丈夫です。

寿司屋でふぐも扱いたいという場合であれば、調理師免許がないと、ふぐ調理師免許の試験が受けられません。実経験を積みながら、資格取得を目指していきましょう。

すがの
すがの

飲食人大学をおすすめする人

  • 寿司職人、中華料理人として働きたい人
  • 寿司屋を開業したい人
  • 海外で寿司職人として活躍したい人
  • 今の職場では、なかなか魚を触らせてくれない人
  • 一流の料理人から技術を学びたい人

飲食人大学は、短期間で現場で役に立つ技術を身につけることができるようになります。

もちろん寿司屋で働きながら、スキルを学ぶことはできますが、お店によってはレベルがまちまちだし、上司によっては『見て学べ』と言って、教えてくれないところもまだまだたくさんあります。

その点、飲食人大学は、基礎だけでなく、専門的な知識を深堀して学べるので、将来の寿司職人や、中華料理人として、活躍したいとビジョンを持っている方は、入学を検討してみるのをおすすめします。

実際に、主人の会社で働き始めた方も、和食でも色んな担当がありますが、料理人大学で寿司を学んだということで、寿司担当(つけ場)として即戦力として活躍しています!

すがの
すがの

どんな人が学んでいるのか、実際に卒業後に活躍できるのか、飲食大学にWEBで相談してみるのもいいかもしれません。

海外で活躍したい!独立したい人は!

飲食人大学の公式サイトを見てみる

『見て学べ』ではなく教えてほしいことが遠慮なく聞けます!

飲食人大学でよくいただく質問Q&A

最後に飲食人大学のことで、よくいただく質問をQ&A方式でご紹介していきます。

私で分かる範囲お答えしますが、資料請求もできるので、不安な方はぜひ飲食人大学の公式サイトから資料を取り寄せてみてくださいね。

Q1:飲食人大学の学費の支払い方法は?

  • 一括払い(銀行振込)
  • 学費ローン
  • クレジットカード

学費の支払い方法は、一括払い、分割払い、学費ローンを選ぶことができます。

Q2:遠方に住んでいるのですが、寮などの宿泊施設はありますか?

寮などの宿泊設備はありません。

ただ、飲食人大学で在学中の滞在場所のお住いのご紹介をしています。

Q3:通学定期を買いたいのですが、学生証はもらえますか?

飲食人大学は、通学定期は対象外となっていて、学生証の発行は特にありません。

この記事のまとめ

この記事では、飲食人大学の学費について解説してきました。

学費の総額1,028,101円
授業期間約3か月
授業時間9:00~16:00 月曜日〜土曜日
(日曜・祝日を除く、祝日のない週は水曜日休講)

飲食人大学は、短期間でしっかりと寿司と中華を専門知識を学べる『大学院』のような学校です。

飲食人大学をもっと詳しく知りたい方は、まずは公式サイトをチェックしてみることから始めてみてくださいね。

3か月で結果を出したい人は

飲食人大学の公式サイトを見てみる

卒業後は、専門店や海外で活躍できる道が待ってます

-転職