※本記事で紹介している商品にはPR商品を含みますが厳格なコンテンツ掲載基準を満たさないものは一切排除しております。詳細はコンテンツポリシーにて掲載しております。

疲労回復

腰痛に効く入浴剤ランキング!自宅でのリラックスタイムが最高の治療法

この記事では、腰痛に効くおすすめの入浴剤をランキングでご紹介します。

腰痛の原因はさまざまですが、日々の生活で生じている腰痛は、湯船につかり温めることで緩和されます。

その際に、より効果をもたらしてくれるのが「入浴剤」です。

腰痛にお悩みの方は、ぜひチェックしてくださいね!

 

腰痛に効く入浴剤の選び方

腰痛には「血行促進効果」がある入浴剤を選びましょう。

入浴をすることで、腰が温められ筋肉がほぐれ血行促進されますが、血行促進効果がある入浴剤を使うことにより、よりその効果が期待されます。

血行促進効果があるものは、炭酸ガス系血行を促進する生薬が配合された入浴剤です。

炭酸ガスがお湯に溶け、皮膚から吸収されて血行や新陳代謝を高め、痛みや疲れを和らげてくれます。

入浴剤を選ぶ際は、成分表を確認し購入しましょう。

一方で、入浴が良くないとされる腰痛もあります。それは激しい痛みや炎症を伴う急性的な腰痛です。

急性的な腰痛として「ぎっくり腰」があげられます。

ぎっくり腰は冷やす必要があるため、入浴をすると逆効果となってしまいます。

お風呂に入らない方がいい腰痛とは、ぎっくり腰などの炎症を伴うものです。
炎症を起こしている個所は、その個所を修復するために血流量が増加し、血液が貯まりやすくなるのです。
そのため、お風呂などで温めてしまうとぎっくり腰の炎症がさらに進み、痛みが強くなる可能性があるのです。
ぎっくり腰の場合は、炎症が治まるまで冷やして安静にする必要があります。
しばらく入浴は避け、シャワーで済ませるなどの工夫をしましょう。
引用:やさしい整骨院

すべての腰痛に入浴が効くというわけではないため、注意してください。

 

腰痛に効くおすすめ入浴剤ランキング

腰痛に効くおすすめの入浴剤をランキング形式でご紹介します。

炭酸ガス系のものから生薬が配合されたものまで、腰痛を緩和してくれるさまざまな入浴剤があります。

 

1位:きき湯炭酸入浴剤 マグネシウム炭酸湯

きき湯炭酸入浴剤マグネシウム炭酸湯は、炭酸ガスが発砲し、温浴効果をアップさせてくれます。

きき湯に入っている硫黄マグネシウムとの相乗効果で血行や新陳代謝を促し体の芯から温め、疲れや肩こり、腰痛を緩和してくれます。

 

2位:BARTH

BARTHは中性重炭酸の入浴剤で、着色料・香料を一切使用していません。

お湯に入れることで、瞬時に重炭酸イオンに変わるというほかにある炭酸ガス系の入浴剤とは異なります。

この重炭酸イオンが温浴効果を高め、ぬるま湯に長時間つかることで、血行促進効果があり腰痛や肩こりを和らげてくれます。

 

3位:バブ メディキュアほぐ軽スッキリ

バブ メディキュアほぐ軽スッキリは、高濃度炭酸や温泉成分、高麗ニンジンエキスが配合されたパワフル発砲。

温浴効果を高め、血流循環を促し、筋肉をほぐし腰痛や肩こり、1日の疲れを癒してくれます。

 

4位:バスロマン薬泉ほぐし浴

バスロマン薬泉は、腰痛や肩こりに効く有効成分が90%以上配合された入浴剤です。

温浴効果を高め、血行促進してくれる生薬のトウキエキスと筋肉のコリをほぐしてくれるボウショウ・重曹が配合されており、腰痛や肩こりの緩和に効果があります。1日の疲れを薬草の香りが癒してくれます。

 

5位:きき湯 ファインヒート グレープフルーツの香り

高濃度の炭酸ガスが温浴効果を高め、血行と新陳代謝を高めてくれます。

1粒約2.5グラムの大粒にすることで、溶存ガス量を増加させ、浴槽の下から強く湧き上がってくる発砲が体験できます。

また、生薬ジンジャー末を配合することで、優れた温浴作用が期待されます。

 

6位:薬用HOT TABウェルネス

HOT TABは自宅で気軽に重炭酸入浴が楽しめる入浴剤です。重炭酸の溶けたぬるま湯に15分ゆっくりつかる入浴法です。

微細な炭酸ガスの泡が継続的に発砲し、お湯の中で重炭酸イオンと水素イオンにわかれます。

24時間高濃度を保ち、温浴効果を高めることで、血流を良くし、腰痛やコリを緩和してくれます。体の芯から温まることで湯上り後も温かさが続きます。

 

7位:クナイプ バスソルトグーテエアホールングウィンターグリーン&ワコルダーの香り

クナイプのバスソルトには、鎮痛効果に優れている2つのメディカルハーブが配合されています。

また、ワコルダーの香りというのは、シップのような香りで、血行促進やデトックス作用があります。

メディカルハーブとワコルダーの香りが、腰痛や肩こり、神経痛、疲労回復などを緩和してくれます。

 

8位:バスクリン薬湯温感EX

クナイプのバスソルトには、鎮痛効果に優れている2つのメディカルハーブが配合されています。

バスクリン薬湯温感EXは、センキュウとトウキの2種類の生薬が配合されており、温浴効果を高めてくれる入浴剤です。

16種類の植物成分と温泉ミネラル配合で、血行促進と発汗により、体の芯まで温めてくれます。肩こり、疲労回復、冷え性、腰痛を和らげてくれます。

 

9位:ライオンケミカル 薬草湯

天然成分100%の生薬浴用剤です。ティーパック式となっており気軽に薬草湯が楽しめます。

生薬5種とハーブ1種類を配合しており、その成分がお湯にとけ温浴効果を高めることで、血行が促され、腰痛や肩こり、冷え性などを和らげます。

一年を通して、自然の恵みが楽しめる入浴剤となっています。

 

10位:バスクリン くすり湯 生薬 

有効成分生薬100%の薬用入浴剤で、温浴効果により血行が促され、神経痛や腰痛、リウマチを緩和してくれます。

入浴効果を高めてくれる生薬を選び配合したり、生薬のエキスを抽出したりするなど製法にもこだわった入浴剤です。

 

腰痛ケアに効果的な入浴法

お湯につかることで、体が温められ血行促進され、腰痛の予防や緩和に効果があります。また、お湯につかることで腰の負担が軽減され楽になります。筋肉疲労の慢性的な腰痛には、毎日の入浴がおすすめです。

慢性的な腰痛に効果のある入浴法をご紹介します。

まず、お湯は40度前後のぬるま湯に設定します。

みぞおちあたりまでつかり、体を少し後ろへそらした状態で、顔から汗がでるまで

約10~15分ほどつかります。腰痛がひどい方は、背筋を伸ばし正座がおすすめです。

40度前後のお湯につかることで、体がじっくり温められ、副交感神経が活発になり疲労回復や腰痛緩和に期待できます。

腰痛でお悩みなら、ぜひ試してみてください。

 

この記事のまとめ

この記事では、腰痛に効くおすすめの入浴剤ランキングをご紹介しました。

筋肉疲労の慢性的な腰痛でお悩みの方は、お湯につかり体を温めましょう。

入浴し、体を温めることが腰痛の緩和に繋がります。そして、腰痛に効く入浴剤を入れることでより高い効果が期待されます。入浴で1日の疲れや腰痛を癒してください。

 

-疲労回復
-